実はその乾燥肌、塩素水が原因かも

  1. ホーム >
  2. 乾燥肌の原因と基礎知識 > 

普段私たちが何気なく使っている水道水。これで料理もしますし手も洗いますし、お風呂にも使います。このようにどんな用途にでも安心して使用できるのは、塩素によって殺菌消毒がなされているためです。

乾燥肌でお悩みの方には、この水道水が自分の肌の調子に影響しているとはなかなか考えが及びにくいところではないでしょうか。それは、あまりにも水道水が当たり前の存在としてあり、それを問題なく使えているためです。
しかし、水道水に含まれている塩素は、少なからず肌や髪などにダメージを与えているのです。その事実に気付いてからは、今までの乾燥肌ケアがあまり効果をなさなかった意味が納得できます。

どんなに入浴後のケアを頑張ってみても、それ以前にダメージのある水を全身にかぶって、しかもそれを溜めた湯船につかっているわけです。しかもその作業は毎日続けられています。
もし本当に塩素が原因で乾燥肌を引き起こしているのであれば、早急に対策を採ることが必要です。

塩素は、水道水を飲用や料理用にも使えるように、存在している雑菌を殺して安全な状態にするために投入されています。その恩恵があって、わが国の水道水は飲んでお腹を壊したりといった現象が起きずにそのまま使用することができるのです。

しかし、その殺菌作用は安全基準を満たすために多少強力なものとなっており、人体にも少なからず影響を与える程度の濃度はあるようです。乾燥肌だけではなく、髪もパサパサになってしまうというようなことが思い当たれば、塩素によるダメージを疑ってみてもよいでしょう。
とはいえ、いつも使う水はこの水道水以外はないものであり、ミネラルウォーターをその都度購入するとなったら大きなコストがかかります。費用をかけずに水道水をより刺激の少ない状態にする方法はないのでしょうか。

多くのご家庭では、台所の蛇口に簡易的な浄水器を設置していることも多いのではないでしょうか。それと同様に、シャワーヘッドが浄水機能を備えているものもあります。また、湯船に溜めるお湯に関しては、塩素を除去する入浴剤を入れることでダメージは軽減されます。
肌や髪に関する塩素ダメージを疑うときは、まずこのような処置から試してみてはいかがでしょうか。もしかしたら、今までのカサカサやかゆみが一気に改善されるかもしれません。

水道水に投入されている塩素が実際にどのような影響があるのかを実験したデータがあります。これは、塩素が入っている水と浄水処理を施した水を使用し、髪の毛に当て続けてその傷み具合を見るというものです。
この結果、やはり塩素水の方がより髪のキューティクルが失われ、表面は荒れて傷んでしまったことが判明しました。これは髪の毛での実験ですが、同じことが肌でも起きていることは明白です。

肌の場合は、まず表面を覆っている皮脂の保護バリアがはがされてしまうことが考えられます。このバリアがはがれてしまったら、あとは角質層が塩素の刺激をダイレクトに受けるわけです。その状態で石けんやボディソープなどを使用したら、さらに肌の組織は壊れてしまう一方です。
このように、肌の潤いを守るべき皮脂がまず除去されてしまい、皮膚組織をどんどん攻撃してしまうのが塩素の強さなのです。この塩素を含んだものを全身にかぶり、顔を洗ったりするときには、場合によって目や鼻の粘膜などを傷つけてしまう可能性すらあり、注意が必要です。仮説ですが、この塩素水で目や鼻が傷ついてしまったために花粉症を起こすのではないかとも言われています。
このような事態を避けるために、塩素を除去する浄水処理を施すことをぜひおすすめします。

では、特に乾燥肌対策として水道水の塩素成分から肌を守るためには具体的にどのような対処をすればよいのでしょうか。塩素を完全に除去することは難しいとはいえ、いくつか策を講じることはできます。

水質を変える
【シャワーヘッドを浄水機能付きのものにする】
塩素とは、特にシャワーを使用していると高温の湯から空気中に拡散します。それだけならまだよいですが、シャワーを使用した後に、少しずつ温度が下がってきた状態でどうなるかというと、そのまま体に蒸気と一緒にくっついてしまうというのです。
そういった現象を防ぐために、シャワーから出るお湯の塩素をまず減らしてしまおうということです。自宅のシャワーヘッドが交換可能なものであれば、口径をよく確認して浄水機能のついたものに取り替えましょう。

【塩素を中和する入浴剤を使用する】
これは湯船のお湯への対策です。販売されている入浴剤の中で塩素の強度を中和するような役割を果たすものには、「塩素中和」や「塩素除去」といった文言がうたわれています。乾燥肌用やアトピー性皮膚炎用の入浴グッズとして探せば比較的容易に見つかります。
そのようなものなら、通常の入浴剤のように染みたりすることもなく安心して使用できます。塩素で乾燥肌を引き起こしているならかなり肌は敏感な状態になっていると考えられるため、自分の肌に合うものを選びましょう。

ミネラルウォーターを購入する
どうしても不安である、完全に塩素から離れたいということであれば、やはり水道水の使用を中止してミネラルウォーターを風呂用のお湯として使用するのが一番よいでしょう。ミネラルウォーターだけではなく、近年では水道水を何回にも分けて濾過したアクア水といったものを販売しているメーカーもあります。
コスト面や面倒が気にならないのであれば、これが一番安全な方法であるとはいえます。
各メーカーのウォーターサーバーのレンタルサービスを利用するのもよいでしょう。その際も水質などによって金額は開きがあるため、複数のメーカーを比較して選びましょう。

意外と身近なところにある乾燥肌への脅威。しかし、塩素の強度は地域ごとにばらつきがあったり、塩素に対する反応も人それぞれであったりするため、一概に塩素だけが害悪というわけでもありません。
神経質になりすぎて、コストだけを莫大にかけてしまったり、また塩素恐怖症のような過剰な拒否反応を示してしまったりする方が問題になるパターンもあります。あくまで説の1つとして受け取り、自分のキャパシティの中で対処できる方法から採っていくとよいでしょう。
乾燥肌の原因は他にも数あるわけですから、1つ1つに丁寧に対処していって本当の原因を冷静に見極めることが大切です。